いっぺん来まい高松へ

モダン建築と湯の温もりの融合。「仏生山温泉」

遊ぶ・買う

モダン建築と湯の温もりの融合。「仏生山温泉」

2005年開湯。空間美と湯の心地よさが人気の日帰り温泉。

高松市郊外、のどかな町に沸き出た温泉。

高松市街から車で約20分、「ことでん」の愛称で市民に親しまれている高松琴平電気鉄道「仏生山駅」から東へ徒歩約12分の場所に位置。それまで温泉地のイメージが全くなかったこの町に「仏生山温泉」が開業したのは2005年のこと。建築家でもあるオーナーの手によって設計された施設のモダンな空間とその泉質の良さがが話題となり、今や高松市民・観光客の間で人気のスポットとなっています。

仏生山温泉
美人の湯

全浴槽かけ流し。「美人の湯」でお肌つるつるに!

仏生山温泉は内湯とヒノキ・ヒバの露天風呂、全てがかけ流しという贅沢さ。泉質は濃度の濃い重曹泉で「美人の湯」「化粧水いらず」とされ、そのつるつるとしたお湯の感触にたっぷりとつかれば、お肌はスベスベ、体もポカポカに。また、湯船に持ち込める古本を販売する「仏生山温泉小書店」など、温泉とは思えない工夫・サービスが凝らされているのも魅力。温泉は日帰り専用ですが、仏生山の町全体を「旅館」ととらえたプロジェクト「まちぐるみ旅館」を利用しての、仏生山宿泊もオススメです。

仏生山温泉

住所/高松市仏生山町乙114-5
TEL/087-889-7750
営業時間/平日 11:00~24:00 土日祝9:00~24:00 ※最終受付23:00
定休日/毎月第4火曜日
入浴料/大人(中学生以上)600円・小人(3歳以上)300円
公式サイト/http://busshozan.com
MAP(Google map)

前のページに戻る